--------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
-------- --:--
2009-08-01
雲南旅行記1997 ~2日目・列車にて~
これはとある20代前半の若造留学生が、1997年夏、中国は雲南省を旅した際の物語である。。。
(来宮良子風で)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1997年8月1日

9:00
どっかの駅に停車中。昨日寝つけなく、下で座ってた時に韓国人の内の一人とちょっと会話。
今年の3月に北京に来た、二外の子。中国語上手、オイラよりも。。。


今の所特に何もなし。

--------------------------------------------------

15:00
火車の度も約半分に差し掛かった所。予定通り行けばあと20時間強で到着する。
外は雨。また降ってきたと言うより、前に降ったのが4時間以上前で200km以上彼方の話だから、
今日2回目の雨と言うべきか。とりあえず、昆明で降っていないことを祈ろう。


何時ごろか忘れたが、韓国娘二人と中国おばちゃん二人と会話を楽しむ。
おばちゃんの一人は貴陽、もう一人は安順の人だ。しきりに『黄果樹』を勧められた。
できれば行きたいが。。。
何気に久しぶりの中国人との会話。疲れたが楽しかった。
貴陽の人の普通語の聞き取りやすい事。。。それに引き換え、もう一人の方は。。。閉口。。。

--------------------------------------------------

19:30
凱里に一時停車。降りて餃子と健力宝を購入。美味しい餃子だったが、辛いの何の。。。
韓国料理を凌駕する辛さ。。。


さ、もうあと15時間強だ。
長いと思っていた火車の旅も既に3分の2が過ぎた事になる。
いや~意外と早かったかな?

--------------------------------------------------

前に『あの子の事を』考えたり書いたりするのはよそうと書いたが、どうしても考えてしまう。
あの子の手前、外面は強がって知らぬ振りをしなければならないが、日記の中くらい弱気に
なっても、本当の自分を出してもいいのではと思い、
とりあえず、まだまとまってはいないが、自分の考え、想いを記そうと思う。


やはり、第一に思い出すのはあの夜の事。友人Mの印象は多分外れていなかったのだろう。
オイラ自身かなり冷静に判断しても、あの夜の後のあの子の態度は、こっちに向いたとは
言えないまでも、なにかキッカケがあれば向いたのでは?と思った。


ただ。。。相手が悪かった。。。演技派N氏。。。友人Y子曰く、彼はかなりのダマシ上手らしい。
N氏に関するオイラの考えは全て憶測、根も葉もないもので、こんな風に考えるなど
オイラも裏表があるなとつくづく思う。でも、仕方ない。。。これが『オレ』なんだから。。。


まず、N氏にむかついたのはヒジョンの事があった頃。自分で『むかつく』と言っていたH君と
同じ事をオイラにしてるのよ、貴方は。気付けよ。


この怒りが高じて、勢いあまって彼に問い詰めたのだが、その時オイラがまだあの子の事を
好きなのを知ったN氏の反応は『えっ?まだ??』という感じだった。
ふざけるのもたいがいにしなさいよ。ええ?


次に、あの子と気まずくなった理由。。。ただ一つ。。。
絶対にヤッたね。あの子とN氏は。でなきゃ気まずくなる必要が無い。
だって、あの子がN氏の事を好きなのはずーっと前からわかってるじゃないですか。
ついでに、ヤッた日も大体想像がつきます。
多分、オイラが帰国中にあったって言う、すごい飲み会の時でしょ?
友人Mが口を滑らした『2人は付き合ってる』って言う噂もその日が発端だったんでしょ?


なんか、N氏はオイラに気を遣ってるみたいだけど、『何それ??』って感じ。
遣うつもりなら、最初からそうしろっつーの。
N氏がヒジョンの事を追いかけてる頃から、オレがあの子の事を好きだったのは知ったでしょ?
オマエは好きじゃない子とでも付き合えるもんな。やり方きたねーよ。
ま、こんな事、口が裂けてもあの子には言えないけどね。


今のオイラに別の女の子が『好きです。付き合って下さい』って来ても、まず断るね。
オイラ、自分が好きな子じゃないとダメだから。
あの子は『早く彼女見つけてね』って言ったけど、こんな状況だから
当分作ろうとは思わないね。好きな子が出来れば別だけど、無理に好きな子を見つけようとも
思わないし。相手に悪いでしょ。


まぁ、当面の問題はN氏と決着をつけるか否かなんだが。。。考えもまとまってないし、火車も
揺れるので、この件はまた今度。。。


さて、寝よう。


~つづく~


この物語はノンフィクション、かつ12年前の恥話です。ツッコミは受け付けますが、誹謗中傷は受け付けませんw


banner_01.gif
↑人気ブログランキング、クリックお願いします
スポンサーサイト
別窓 | 旅行記 1997 雲南編 | コメント:0 | トラックバック:0
2009-08-01 15:35
<<雲南旅行記1997 ~3日目・昆明到着~ | HOME | 雲南旅行記1997 ~1日目・出発編~>>
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

TRACKBACK
| HOME |
copyright © 2006 背が低いなら、高く飛べ-上海まったり編- all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。