--------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
-------- --:--
2009-08-09
雲南旅行記1997 ~10日目・大理にて①~
これはとある20代前半の若造留学生が、1997年夏、中国は雲南省を旅した際の物語である。。。
(来宮良子風で)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1997年8月9日

起床後、アカシさんと朝メシへ行く事に。その直前に一人の女の子がチェックイン。
広州で留学してる沖大の子。名前はミネイちゃん。
ゆかりちゃんととても仲良しらしく、色々な話で盛り上がる。


朝メシはオイラのおごり。
今日は天気も良くなってきたので、これからチャリでアル海(アルはさんずいに耳)に行こうと思う。


そうそう。朝メシの時、外に去年の広東人の残り三人が歩いているのを見かけた。
世の中って狭いのねぇ。。。おっと。そういえばハガキも出しました。
(ちょっと急いでたり、昨日書けなかったりして、昨日の夕方から今日の昼まではかなり雑。ご了承下さい。)

--------------------------------------------------

昼過ぎにチャリを借り、アル海へ。チャリを借りている時に一人の日本男子と知り合い、
一緒に行く事に。名前はシミズ君。○○銀行に就職が決まった関学の4年生。いい人。。。w


アル海への道はとてつもなく厳しい。泥道や石畳の道をガタゴトガタゴト揺られて走る。
ケツと手首がイタイイタイ。。。トホホゥ。。。


田んぼを抜けるとそこは地元の人たちの集落。土壁や石で出来た民家の間を縫う様に走る。
観光地化されていない生活臭が漂う。とてもいい雰囲気だ。なんとも表現しがたい良さがある。
その後、ちょっと行くとアル海へ到着。ん~~~~まぁ、こんなもんかな?って感じw
でも、眼前のアル海、背後の山々を見比べるとなかなか雄大なパノラマ。


その後、ちょっと周ってから帰途へ。
途中シミズ君のチャリ、パンク。だが、すぐに修車が見つかり、直して再び帰途へ。


古城に着き、大白楼でご飯。申し訳ないがおごってもらった。
食事後三塔寺の見える公園へ。感想は省略する事にする。。。。。。。


街に戻り両替(100$→808RMB)。ボールペンの調子がおかしいので、またまた購入。
チャリの道が予想を上回っていた為、かなり疲れた。。。トホ~~
オマケに今日は天気が良かったので、かなり『晒黒了』。というより『晒紅了?』

--------------------------------------------------

部屋でミネイちゃん、シミズ君とだべった後、三人で夜メシへ。その時別テーブルの三人組と知り合う。中医大の留学生だ。峨媚山に登ってきたらしく、色々情報を頂く。Thanks三人組!!
『是非登った方がいい!!』と勧められた。うむ、楽しみである。。。


その後、部屋に戻りビールを一本買って飲んで寝る。


さて、明日だが、ミネイ隊長がどうしても山に登りたいらしく、どういう事か三人で登る事に。
さてさて、どうなることやら???


~~つづく~~


この物語はノンフィクション、かつ12年前の恥話です。ツッコミは受け付けますが、誹謗中傷は受け付けませんw



banner_01.gif
↑人気ブログランキング、クリックお願いします
スポンサーサイト
別窓 | 旅行記 1997 雲南編 | コメント:0 | トラックバック:0
2009-08-09 15:02
<<雲南旅行記1997 ~11日目・大理にて②~ | HOME | 雲南旅行記1997 ~9日目・ついに大理~>>
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

TRACKBACK
| HOME |
copyright © 2006 背が低いなら、高く飛べ-上海まったり編- all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。