--------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
-------- --:--
2009-08-13
雲南旅行記1997 ~14日目・麗江の空に抱かれて~
これはとある20代前半の若造留学生が、1997年夏、中国は雲南省を旅した際の物語である。。。
(来宮良子風で)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1997年8月13日

今日はとても良い天気。ちょっと外に出るが結構肌寒い。
天気は良いのだが、玉龍雪山は雲に隠れたまま。
まぁ、昨日より雲も薄く、ちょっとは顔をのぞかせてくれてはいたが。。。


今日の予定は、午前中靴を買いに行き、昼頃に宿チェンジ。(紅太陽に空きがあればの話。。。)
その後、橋頭行きのチケットをゲットし、昼食。あとはチャリで玉龍雪山を見にぶらっと。
時間があれば納西の音楽会でも見に行こうかな~、という感じ。
あと他に今のオイラの頭の中を駆け巡っている事と言えば。。。


『個人で虎跳峡に行き踏破するか、引き返すか。。。あるいは一日ツアーに参加するか』


正直、この事でいまだに悩んでいる。う~~ん、まだ死にたくないなぁ。。。

--------------------------------------------------

その後宿を出て四方街へ。阿一旦's CAFEに入り軽く朝食を。
その時情報ノートを読み、またまたビビり入る。


11:30にアベさんと紅太陽で約束していたので、食事を早めに切り上げて靴屋へ。
中国メーカーの革のトレッキングシューズ(もどき)を購入。
11:30ちょうどに紅太陽へ。無事にチェックイン。その後部屋でアベさんと作戦を練る。
結局、2泊3日コースを選択。明日15:00出発予定。


13:30頃アベさんと昼食を。またまたここでも金昭蓮&李昇熹に会う。。。
昼飯ついでに阿一旦のノートに遺書Part2とPart3をしたためておいたw


天気がいいのでチャリで山方面へ向おうと思っていたのだが、いいチャリがないので
また今度に。。。


靴を慣らす為に新品を履いて四方街へ。四方街はとっても雰囲気良し。
でも人が集まる所は土産屋が並び観光地化されてしまっている。
でも、奥へ奥へと進むと生活臭にあふれ、時の流れの緩やかな古き良き街並みに出会える。
自然に足取りがゆっくりとなり、ふと気付くと『なごり雪』を口ずさんでいた。。。


しばらく歩いていると。。。アクシデント発生!!
靴が摺れてイタイイタイ。。。これではとても40kmは歩けない。。。さて、どうしたものか。

作戦1:バンドエイド、テーピングを買う
作戦2:靴下を買う
作戦3:。。。行くのをやめる。。。

せっかくココまで来たのだから、作戦3だけは避けたい。。。
が、あまりにも痛いので、休憩がてら阿一旦に来ると、アベさんがいた。
アベさんにバンドエイドをもらうがどうやら焼け石に水っぽい。。。
考えが甘かった。。。トホホ~~&反省。。。


少しすると、アカシさんや昆明・大理で出会った人たちが続々と。
ここで新情報。アカシさんが虎跳峡に行って来たとの事。思う存分情報を活用させて頂こう。

--------------------------------------------------

考えに考え抜いた挙句。。。


『作戦4:靴、もう一足購入。次はスニーカー!』


を実行しようと思う。
。。。言うな。。。言わないでくれ。。。もったいないのは分かってる。。。
でも。。。でも。。。背に腹は代えられないのだ。。。
元々履いてるサンダル(NIKE)との併用も考えた。。。
だが、よ~~く考えてみて、先々を見ていくと。。。




もう!だってしょーがないぢゃん!足、痛いんだもん。
もったいなくても行きたいんだもん!w





さて。。。
部屋に帰るとアベさんも帰っており、曰く『新しい同部屋の人も行きたいと言ってるみたい』
との事。パーティーはどうやら3~4人になりそう。心強い。

--------------------------------------------------

パーティーの3人目、決定!彼の名はワカツキ君。明学の3年生。
景洪→瑞麗をバスで攻めた強者だ。


3人で明日の予定をざっと決めた後、21:30頃メシへ。またまた阿一旦へ。
行く途中勢いで本日二足目の靴を。。。NIKEのバッタもん。
今度はきちっと両足確かめたから大丈夫。


阿一旦でメシを食いながら最後の情報を集め、店を出たのは23:00過ぎ。。。
四方街は街灯も消え、暗くて不気味だが、人がいない分雰囲気はUP!


でも一歩新街へ足を踏み出すと、人人人。。。何故これほどの人が??
その人の波は我々の宿 紅太陽脇の広場でピークに達する。


夥しい数の老若男女が直径30m程の輪になり、手をつなぎ合って踊りまわっているのだ。
時々、狂ったような『ウヒョ~~~~』という掛け声なのか雄叫びなのか分からないような
声も響き渡っている。オイラの部屋は3階で、窓も閉めているのに聞こえてくる。。。
恐るべし、麗江人民のボルテージ。


さて、明日からの冒険に備えて、そろそろ寝る事としよう。。。では。。。


~~つづく~~



この物語はノンフィクション、かつ12年前の恥話です。ツッコミは受け付けますが、誹謗中傷は受け付けませんw

banner_01.gif
↑人気ブログランキング、クリックお願いします
スポンサーサイト
別窓 | 旅行記 1997 雲南編 | コメント:0 | トラックバック:0
2009-08-13 12:36
<<雲南旅行記1997 ~15日目・虎跳峡へ~ | HOME | 雲南旅行記1997 ~13日目・いざ麗江へ~>>
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

TRACKBACK
| HOME |
copyright © 2006 背が低いなら、高く飛べ-上海まったり編- all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。