--------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
-------- --:--
2009-08-23
雲南旅行記1997 ~24日目・プチ沈没@大理~
大理で軽く沈没中。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1997年8月23日

早朝6:30頃便所へ。用を足し部屋に戻る時廊下で同部屋のカワイイ子とばったり。
部屋に入ろうとするとその子がちょっと離れた所から手招きしている。。。ドキッとし、これはオレのバラ色人生のスタートか!?と色めき立ちつつ話を聞いてみると


『ずっとここに泊まってるんですか?ここのベッド、ノミかダニ出ません?私、咬まれまくっちゃって
耐えられないから宿を移ろうと思うんですけど。。。』


だって。。。トホホ×5。。。ま、こんなもんですよ。。。


その後再びベッドに入るもなかなか寝付けず結局8:00過ぎに起きて外で一服。
かと言って外にいてもする事ないので、日記でも書こうと部屋に戻ると同部屋の男の子が
起きていた。彼は西安の留学生。なんと、新疆と雲南でヒビノ(留学先の同学)に会ったとの事。
ん~~偶然ってあるものね~


彼と朝飯でもと言う事になり、9:00過ぎに菊屋へ。ホットケーキとシェイクを頂く。
さて、今日は何をしよう?あまり欲張ると明日する事がなくなるので、チャリでも借りてぶらーっと
出かけるかいな?天気いいから焼けるぞ~~~

--------------------------------------------------

11:00頃チャリを借りてぶらっと出かける。まず前にシミズ君と通ったルートをトレース、思い出に浸りつつ写真を撮りまくる。一通り周って戻る前にちょっと休憩。道端にへたり込む。
ただへたり込んでもなんなので、田んぼの向こう側に見える山々をスケッチしてみる。
スケッチも終わりボーっとしている時、カワイイ子が一人でアル海方面へ歩いていくではないか。
彼女がオイラの前を通り過ぎる時、目がちょっと合う。。。
オイラが戻りではなく、行きだったら。。。
『ご一緒しませんか?お嬢さん』てな具合になったのだが。。。。。。w


その後、昼飯を食べに古城方面へ一旦戻る事に。
例の如くハッピーレストランで生姜焼き定食を。生姜焼きその物もさる事ながら、定食に付いて
来る品の豊富な事。。。ご飯+味噌汁+冷奴+漬物×2、といった具合。
これで13元。。。もと取ってるんだろうか。。。


ハッピーレストランの小姐に穴場を聞いて15:00位に再び出発。。。しかし、その公園とやらは
見つからず。仕方ないので、その近辺から北に伸びている道を行ける所まで行ってみる事に。
その道、そんなに悪い道ではないのだが、どこまで続いているか分からない位ひたすら真っ直ぐ伸びている。周りに並木がなく、強い日差しがオイラの左半身を焼き付ける。。。


道の風景があまりにも変わり映えしないので、適当に曲がって西に向う。
そこらかしこですれ違うガキに『アロ~!ニイハオ!』と声を掛けられるので、こちらも満面の
けんたろ~スマイルで応戦する。


西へ西へ進んでいると、大きめの車道に突き当たる。今度はその車道を大理方面へ南へ。
途中でふと気付く。。。何やら左のペダルの様子がおかしい。ガタガタし始める。。。
ネジが緩み始めやがった。。。


周りを見渡しても、進み続けても修理屋は見当たらず。。。トホホ。。。
とりあえず走って緩みが大きくなってきたら停車して指で締める。。。と言う行為を十数回
繰り返す。。。


南に向っているので日差しは右半身に。しかし、今度の道には並木がありそれほど辛くない。
でもまぁ、暑い事は暑いので喉が渇きバテて来ると。。。遠くにオアシスの如く売店が。
冷たい飲み物を所望。。。が無し。。。仕方なくアイスを。。。


その後も暑さとペダルの二重苦に耐え、やっとの事で宿へ。即シャワーを。
とてもラッキーな事にオイラが浴びたちょっと後に水が出なくなったらしい。。。
洗濯も無事済ませ少々休憩。。。

--------------------------------------------------

19:30頃再びハッピーレストランへ。アベさんに聞いていたイタリアンパスタのボロネーズを注文。
これが。。。、もう。。。バカウマ。やばいね、このウマさ。
マジ、なんでこんなに安いんだろう?北京でこれと同じものを求めたら一品50元は優に超えるね。それがここでは大体10元前後。。。民族大学の近くにハッピーが一軒欲しいくらい。


食べ終わった後に今これを書いているのだが、まだ時間もあるしちと長居してギターでも弾いてようかな?んで、腹が落ち着いてきたら二本目のビールとお好み焼きでも頼もうかな?


と、こんな事を考えていると、アダチさん達が入って来た。
アダチさんは月曜バザールを待たずして瑞麗へ行くらしい。瑞麗かぁ~。オイラにもうちっとがめつさと度胸があればまた行きたいね、瑞麗。。。いろいろな意味でw


ちなみにアダチさんは天ぷら定食を頼んでいたが、その天ぷらのボリュームの多い事。。。
それで12元。。。やっぱ安すぎ。。。


アダチさん達の食事が終わりかけに差しかかった頃、ついにアベさん登場。今日、チャリに乗っているオイラをミニバスから見かけたとの事。。。少々不好意思w
明晩一緒にMCAに夜メシを食いに行く約束を交わす。


アダチさん達は帰ったが、オイラは残ってアベさんとおしゃべりをしながらしばし過ごす。
店を出、アベさんと別れ、ビールを買って部屋へ。
さて、明日は何すっかな?夜はアベさんとMCAだから、昆明へは明後日か。まぁいいだろう。
昆明→成都はやっぱ飛ぶ事になるかな?昆明の置屋。。。ちと楽しみwww



~~つづく~~



この物語はノンフィクション、かつ12年前の恥話です。ツッコミは受け付けますが、誹謗中傷は受け付けませんw


banner_01.gif
↑人気ブログランキング、クリックお願いします
スポンサーサイト
別窓 | 旅行記 1997 雲南編 | コメント:0 | トラックバック:0
2009-08-23 17:55
<<雲南旅行記1997 ~25日目・大理でまだまだ沈没中~ | HOME | 雲南旅行記1997 ~23日目・さらば麗江、ただいま大理~>>
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

TRACKBACK
| HOME |
copyright © 2006 背が低いなら、高く飛べ-上海まったり編- all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。