--------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
-------- --:--
2009-08-24
雲南旅行記1997 ~25日目・大理でまだまだ沈没中~
大理でまだまだ沈没中。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1997年8月24日

昨日のチャリ疲労と睡眠不足もあって、かなり良く眠れた。
が、何時か忘れたが突然の腹痛に襲われ2回トイレへ。。。何故腹を壊しているんだろう。。。?
思い当たるふしがない。。。


9:00過ぎに本格的に目を覚まし、起きる事に。。。アダチさんは既に出立していた。。
天気はイマイチ。準備をし、まず延泊の手続きを。
食事に行く前に明日の昆明行きのチケットをゲットしに。
食事はまたまたハッピーレストランへ。。。何にしようか悩んだ挙句、他人丼を注文。
これまたウマイ。。。


他にいた客も出て行き、オイラ一人になると、店のおばちゃん、小姐達が集まってきて日本語
講座の始まり始まり。近頃、中国を勉強してないので(!?留学生なのに。。。)知ってるはずの
言葉が出て来なかったりして、だいぶ苦労する。李老師に日本語を教えている時にも感じるが、
外国人に日本語を教えるのはやはり難しい。。。


皆でしゃべっている時、雨が降り出す。。。う~ん。アベさん、山登るって言ってたけどどうするんだろ?オイラも今日何しようかなって感じである。
ハガキ書いて、土産買って、バンダナもう一枚位作ってもらって。。。と、しようと思ってたけど、
それで時間つぶれるかいな?同部屋にカワイイ子でも入ってくれば問題はないのだが。。。


最近。。。カワイイ子カワイイ子って。。。そればっか。。。苦笑


ハッピーレストランを後にし、書いたハガキを出しに行く。その後、以前見つけた刺繍店に
土産を物色しに行くが、店が見当たらない。。。何ゆえ?何度も往復するがやはりない。。。
その時、しっかりした店構えのアクセサリー屋を発見。入ってみると925シルバーのアクセサリーがあるある。中でも目を惹いたのはピアスと腕輪。ピアスは大した事ないが、腕輪は高い高い。
平均で120~130元位である。


イイなぁ~と物色していると、『オムマニベメフム』のチベット腕輪を発見。
値段はそれほど高くない。買おうかな?と思った時、チベット旅行に行ってる友達に頼んでた事を
思い出し、とりあえず買うのを思いとどまる。
※密教の祈りの言葉。観音菩薩を称えるタントラ。『蓮華にある宝珠に幸あれ』という意味。


その後再びバンダナを注文しに行く途中、チベタンカフェの客がオイラを手招きしている。
ん??と思い行ってみると、そう!麗江の阿一旦で一度会った子達である。
若くて勢い有り気なタイプで、二人ともカワイイ。特にナギサという子は結構かわいい。
ちと話した後別れて服屋へ。少々悩んだ挙句布を選んで二つ注文。


で、またまたアクセサリー店へ。考えた末、今持っているピアスの大きさを確認しにとりあえず
部屋へ戻る。7時までまだ3時間ほど程ある。洗濯物を取り込んで片付けたら、ピアスを持って再び街へ足を伸ばし、ついでに土産も買わないと。さてと。。。

--------------------------------------------------

今日、何度目だろう、第二招待所の前の道を通るのは。。。すぐにアクセサリー店へ。
まずピアスを物色。そして腕輪を。。。例のチベット腕輪が銀製かどうか聞くと、『いや、銅だよ』との返答。。。うむぅ、残念。止めりゃいいのに他の腕輪を物色。
色々悩んで購入。。。〆て235元。やりすぎた。。。あちゃ~


その後再び放浪へ出るも、疲れたのでチベタンカフェでバナナシェイクを。店内に隣部屋の
北京外国語大学の子がいたので、おしゃべりしながら時のぜんまいを回す。。。


店内にABBAが流れており、つい『おお。なつかし~』と言うと、近くの欧米人が笑いながら『なつかしいねー』と日本語で。。。ビックリ!!
チベタンカフェでも暇をもてあましてきたので、店を出てタバコを買いに。そして部屋へ。

--------------------------------------------------

ボーっとしていると19:00ちょいすぎにアベさん登場。さぁ、Let's go to MCA~!
そぼ降る雨の中をテクテクとMCAへ向って歩く。近づけば近づくほど胸が高鳴り心が躍る。
通算三回目のMCA。思い返して見れば前の大理の最終日もMCAで夕食。そして今日も。。。
お約束通り、ステーキを。やはりウマイ!そしてチョコケーキも。。。


一通り食事も終わり、ちとマッタリしている時にアベさんがメニューからヤバイ物を発見。
その名も『ジョニ黒』。。。二人で『飲っちゃおうか?』と言う事になり、ロックをオーダー。
一口含む。。。ん~~まろやかぁ~~。ジョニ黒ってこんなに美味かったか?マジ美味い。


これだけ立派なディナーで一人当たり〆て45元。絶対的には高いかもしれないが、あのメニューで45元は安い。北京だったら4~5倍、日本だったら10倍は行きそうなクオリティーだ。
その余韻を引きずり、後ろ髪を引かれながらMCAを後にする。
さらばMCA!!また来るからね~!


第二招待所の前まで来た所で、アベさんとお別れ。明日も会えるかもしれないが、どうなるか
わからないので、別れの挨拶を交わす。
アベさん、長い間本当にありがとうございました。楽しかったです。良い旅を!


そして部屋に戻り、ビールを飲んでいる。まぁ、これからは何も起こらないだろう。。。



~~つづく~~



この物語はノンフィクション、かつ12年前の恥話です。ツッコミは受け付けますが、誹謗中傷は受け付けませんw


banner_01.gif
↑人気ブログランキング、クリックお願いします
スポンサーサイト
別窓 | 旅行記 1997 雲南編 | コメント:0 | トラックバック:0
2009-08-24 18:52
<<雲南旅行記1997 ~26日目・さらば大理~ | HOME | 雲南旅行記1997 ~24日目・プチ沈没@大理~>>
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

TRACKBACK
| HOME |
copyright © 2006 背が低いなら、高く飛べ-上海まったり編- all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。