--------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
-------- --:--
2009-08-25
雲南旅行記1997 ~26日目・さらば大理~
さらば大理。
追)これが恐らく人生の最モテ期(勘違い)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1997年8月25日

起床後、ハッピーレストランへ朝食に。
朝食から戻った後、チェックアウトをし荷物を預ける。
朝食に出る際、例の土産屋が開いてるのを見かけたので、チェックアウト後に行くと。。。
閉まってる。。。何故よ。。。


仕方なく、頼んでおいたバンダナを取りにいくも、いつもいる小姐がおらず話が通じないので
後回しに。。。時間つぶしついでにバナナシェークを飲みにチベタンカフェに行くと、ナギサ達が。
彼女らをおしゃべりをしながら時のねじを回す。
その際、大理と麗江であった男の子(サトー君)がオレの事をべた褒めだった事を聞く。
オレをモデルデッサンするほどまでだったらしい。。。。。。


そばにあったギターを取り弾こうとすると、ナギサが『ギター弾けるの?クラプトンがいいな~』と。
ん~、グッドタイミング!で、Tears in Heavenを。。。(これしか弾けないんだけど。。。)
すると、『私。。。ギターに弱いのよねぇ~~』と。。。いたく気に入られてしまう。。。
当然まんざらでもないんだが。。。一曲しか弾けないのは内緒。。。


その後の会話の流れから、一緒に沙坪のマーケットへ。二回目なので目新しさはないが、
行った時間が遅めだった事もあり、外国人はほとんどおらず。
ちなみに、彼女達が取り出したカメラは。。。一眼レフ。。。うらやましい。。。


バザールの中を歩いててもつまらないという事で、あてもなく民家の方へ。
でもそっちも何も無し。。。とりあえず戻るか。。。と言う事に。。。


大理に戻り『また後で』と言う事で彼女らと別れる。
その後例の土産屋に行って見ると。。。開いてました。。。色々物色し10個ほど購入。
思ったより安目。
銀行に両替に行くついでにバンダナも入手。まだ試していないが、イイ出来だと思う。


時間つぶしついでにハッピレストランへ。飲み物でも頼んで、少したったら夕食でもと言う感じ。
店に入ると、日本人がいて少し話す。ヒロ君と言う関西出身の面白い彼。色々話している時、
やはり言われた。。。『。。。もう、旅されて長いんですか?』と。。。
もう何人目だろうか、こう言われたのは。。。どうやらオイラは留学生に見えないらしい。。。


しばらくするとナギサたちが入ってきた。3人でそのままメシを食う事に。
するとナギサがリクエスト。。。『ねぇ。ギター弾いてよ。。。』と。。。
当然弾く曲はクラプトンのTears in Heaven。。。(しか弾けないから。。。)


弾いていると『ねぇ、写真撮ってもいい?』と。。。


メチャ恥ずかしい。。。w
撮り終わった後、『もう、メチャメチャカッコいい。。。現像するのが楽しみ。。。』と。。。


まさに有頂天。。。。。。


そんなこんなでそろそろ時間になり、バス停へ向う。ついに大理ともおさらば。
ナギサたちが見送りに来てくれ、記念撮影。これも現像が楽しみである。


バスは定刻を少し1時間遅れて20:00に出発。
バスの窓の外は満点の星空でとてもキレイなのだが、何か心が晴れない。。。
大理を去る事に寂しさを感じているようだ。。。
大理への哀愁というよりも、今後は昆明→成都→北京なので、『雲南らしい雲南省』を
離れる事への哀愁だろうか。。。


大理を離れる事への哀愁を乗せたままバスは一路昆明へ。。。
2週間以上前に見た下関への景色がさらにオイラの哀愁を誘う。。。



~~つづく~~



この物語はノンフィクション、かつ12年前の恥話です。ツッコミは受け付けますが、誹謗中傷は受け付けませんw


banner_01.gif
↑人気ブログランキング、クリックお願いします
スポンサーサイト
別窓 | 旅行記 1997 雲南編 | コメント:0 | トラックバック:0
2009-08-25 19:48
<<雲南旅行記1997 ~27日目・再び昆明~ | HOME | 雲南旅行記1997 ~25日目・大理でまだまだ沈没中~>>
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

TRACKBACK
| HOME |
copyright © 2006 背が低いなら、高く飛べ-上海まったり編- all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。