--------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
-------- --:--
2010-05-24
診断結果
東京は今日も一日雨でした。今、姪っ子二人にからまれながら必死でコレかいてます(汗
こんばんわ、けんたろ~です。


さて、早速ですが、今日病院に行って診断結果を聞いてきました。結果は問題なしとの事。


1.左を向いた際、右耳で聞こえる拍動音(今回のそもそものキッカケ)

 約10日間の投薬でも症状に変化が無かった事&上海から持参した検査画像&5月21日に
 撮影したMRIの結果、動脈・静脈とも全く異常はなく、何かが詰まっていたり、動脈・静脈が
 異変を起こしている恐れは全くないとの事。

 恐らく、体質の問題で首の筋肉が収縮する際に動静脈に影響して、右耳に音が聞こえている
 と思われ、音が聞こえるという今の症状だけであれば心配する必要は無く、もし音以外の
 症状が出た場合は再度来院するようにとの事。



2.左側頭骨茎状突起過長症(前の日記にUPした検査画像のアレ)

 確かに通常よりは伸びてはいる物の、この症例での特有の症状(喉の痛み等)もなく、
 症状が出ていない部位には手を加えるべきではない為、手術は不要。

 強い衝撃が加わった際に折れて動脈を傷つける可能性については、そんな事は聞いた事が
 無く、過度の心配は不要との事。


だって。全然日常生活OKですと診断されました。
ま、入院~手術なんて事にならなくて良かったんでしょうけど、上海では手術が当たり前みたいな
ノリだったのに比べて、日本ではスルーって感じなので、この『温度差』には正直面食らってます。


でも、まぁ、日本の先生の言ってた事も一理あるんですよね。


『強い衝撃が加わったら・・・なんて言い出したらキリが無い・・・』


確かにその通り。もしその突起が折れる程の衝撃が側頭部~アゴ部にかけて加わったら、
そりゃ突起が折れる以前に他にも影響大だろ、って事ですもんね。


あと、今回帰国する前に調べて分かったんですが、茎状突起過長症の症例数や論文数が
日本と中国じゃ段違いなんですよね。(中国の方が多い)
この症例に対するスタンスの違いと手術に対するスタンスの違いも出てるんでしょう。


今回の二つの症状とも、運動も日常生活にも全く影響ないとの事なんで、安心して上海に
戻るべきでしょう。


となると、いつまでも日本でダラダラしてる訳にも行きません。
今回は『日程変更一ヶ月OK』のチケットで帰ってきてるんで、明後日以降の便を確認して、
予約が取れ次第上海に戻る事にします。


上海の皆さん、またよろしくです。
日本の皆さん、今回会えた方々、飲めて楽しかったです。今回会えなかった方々、次に帰った時
飲み行きましょう。


でわ~


上海に着いて何より先にしなきゃいけないのが、マイナス1,000元になっちまったケータイのチャージってのが憂鬱・・・w


banner_01.gif
↑人気ブログランキング↑ ポチっとな
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:1
2010-05-24 19:22
<<FC2、中国からのアクセス復活? | HOME | 明日、診察日>>
COMMENT
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら

-
201205071841
管理人の承認後に表示されます…
2012-05-07 Mon 18:41

TRACKBACK
| HOME |
copyright © 2006 背が低いなら、高く飛べ-上海まったり編- all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。